ふれあい 自然 体験(農業/自然/田舎体験)

  1. ホーム
  2. ふれあい 自然 体験 (農業/自然/田舎体験)

Asahi自然観では、自然・農業・田舎と触れ合う体験を四季折々に行っています。日本棚田百選にも選ばれた「椹平の棚田」をはじめ、Asahi自然観内のブナ林に囲まれた体験農場や広大なワラビ園、そして、森林での体験など、ここでしか体験できないプログラムを多数ご用意いたしております。

また、各種団体様向けにオーダーメード方式での体験プログラムもご提案しています。林間学校、企業研修、地域行事、慰安旅行等につきましても、お気軽にお問い合わせください。

春の体験プログラム

春

春野菜の収穫と夏野菜の植栽体験 (5月下旬)

春キャベツの収穫と夏野菜(トマト・きゅうり・なす・ピーマン・ほうれん草など)の植栽が体験できます。

田植え体験(5月下旬)

「椹平の棚田」で昔ながらの田植えが体験できます。

わらび採り体験 (5月下旬〜6月下旬)

区画割りになっている「観光わらび園」で、白倉特産わらび採りを満喫できます。

夏の体験プログラム

夏

農業・自然体験教室/夏休み特別企画(8月上旬)

自然観の畑で夏野菜を収穫。収穫した野菜を使った山形の郷土料理「だし」の料理教室、昆虫採集、夜には一面の星空の下で星空観察をしたりと、子供から大人まで楽しむことができます。

畑の野菜収穫体験(8月上旬〜下旬)

夏の日差しをいっぱい浴びて、色とりどりに実った野菜の収穫体験ができます。
みずみずしい採れたて新鮮野菜の味は格別!

秋の体験プログラム

秋

稲刈体験(9月下旬)

春に植えた緑色の苗が、黄金に輝く稲刈りの時期。棚田米のおいしさの秘密、昔ながらの杭掛け作業も体験できます。

稲こき体験(10月中旬)

気持ちのいい秋空の下で、米作り最後の作業「脱穀」を体験してみませんか?

干し柿作り体験(11月上旬)

干し柿作りでも有名な山形県。柿をもぎ、皮を剥いて紐にかけて干す。昔ながらの加工体験はいかがですか?

秋野菜の収穫体験(11月中旬)

秋の高原野菜(白菜・青菜・大根など)を収穫して漬物作りを体験してみませんか?

冬の体験プログラム

冬

Asahi自然観スノーパークOPEN(12月中旬)

凍み餅作り体験(2月上旬)

保存料・添加物を一切使用しない昔ながらの保存食「凍み餅」作りを体験できます。「椹平の棚田」のおいしいお米で作る「凍み餅」は、子供のおやつやお茶おきピッタリです。

メープルシロップ作り体験(3月中旬)

雪解けの限られた時期に採取できるメープルサップ(樹液)からメープルシロップを作ります。楓の木から樹液を採取して得られる自然の甘味料。
「優しい甘さ」は自然の優しさです。 自然の恵みを体験できます。

※詳しい内容や、その他のメニューにつきましては、開催時期が近くなりましたら、ホームページにてお知らせいたします。
※農作物の成育状況や気象条件により、開催時期や内容が変更となる場合がありますので、予めご了承ください。

体験施設のご紹介

「畑作」農業体験 ‐白倉(しらくら)地区‐

Asahi自然観内には、農業体験ができる農場があります。

標高およそ600m、冬はスキー場のゲレンデになる場所で、主に高原野菜の栽培を行っています。 また、畑の周りには山菜園が広がり、春はワラビの収穫体験もできます。

これらの作物は、ホテル自然観で料理に使う食材としても利用しています。

「畑作」農業体験 ‐白倉(しらくら)地区‐

「稲作」農業体験 〜椹平(くぬぎだいら)の棚田〜

『日本の棚田百選』に認定された「椹平の棚田」。

この中にAsahi自然観が管理している水田があります。ここでは、年間を通して稲作体験が楽しめます。(Asahi自然観より車で約20分)

また、ホテル自然観では棚田の自然乾燥米を使用しています。

「畑作」農業体験 ‐白倉(しらくら)地区‐
ふれあい 自然体験 パンフレットダウンロード[PDF] / ふれあい 自然体験 スケジュール【準備中】

ページの先頭へ戻る